*

「Jizile(ジザイル)」のメリットや特徴、キャンペーンなど

公開日: : 一般カード

カードのメリット

年会費無料カードの中で、マイル還元率最強のDCカードジザイル。基本還元率も1.5%と高く、コスパに優れた一枚です。年会費無料カードでマイル還元率の高いカードを見てみると…

・DCカードジザイル:0.75%
・JCB EIT:0.6%
・Orico Card THE POINT:0.5%

マイル還元率最強であることがわかりますね。(JALカードnavi マスターカードのマイル還元率は1%ですが学生専用カードのため除いています)

また、DCカードジザイルは、年会費が無料なだけでなく家族カードも無料ですから、コスパに長けた一枚であると言えます。

このような方に最適

コスパを重視しながらマイルを貯めたい方に最適の一枚です。

入会時のキャンペーン

入会から3か月後末日までに10万円以上のショッピングで7000円分のギフトカードプレゼント。

ポイント還元率

還元率:1.5%(1000円利用で3ポイント付与)

交換例:3000ポイント=15000円分の三菱UFJニコスギフトカード(還元率1.5%)

マイル

【JALマイレージバンク】【スカイマイル】
・交換レート:100ポイント=250マイル

取得方法

新規申込み

取得条件

原則18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。ただし、未成年者は親権者の同意を必要とします。

主な特徴や特典

・年会費無料、家族会員も無料
・年会費無料カードの中では、マイル還元率最強
・高還元率(1.5%)
・海外旅行傷害保険最高1000万円(自動付帯)
・毎月の支払額を5,000円~5万円の中から選択するリボ払い専用カード

付帯保険

・海外:最高1000万円(自動付帯)
・国内:なし
・ショッピング保険:100万円(購入日から90日以内、免責1万円)

注意点

ジザイルは年会費無料のカードの中で、とりわけマイルを貯めるのに向いているカードです。マイルよりもポイント還元率が気になる方は、以下のカードと比較検討されてみてはいかがでしょうか?

レックスカードライト
年会費無料
還元率:1.25%
主な特徴:年会費無料カードの中で還元率最強カード。とにかくポイントを貯めたいという方に向いているカードと言えます。

リクルートカード
年会費無料
還元率:1.2%
主な特徴:年会費無料カードの中で還元率No.2のリクルートカード。ただし、還元率No.1のレックスカードライトは2000円で25ポイント付与なのに対し、リクルートカードは100円で1.2ポイント付与。ポイントが貯まりやすいという特徴がありますので、使いやすいと思う方を選択されて下さい。

合わせて比較して頂きたいカード

漢方スタイルクラブカード】マイル還元率No.1カード
年会費:初年度無料、2年目以降1,500円+税
マイル:【ANA】 
マイル交換比率1000ポイント=3000マイル
基本還元率:1.75%(2000円利用で7ポイント付与)
付帯保険:海外最高2000万円(自動付帯)、国内最高1000万円(利用付帯)

ANAマイルが貯まる「漢方スタイルクラブカード」。年会費は2年目以降1500円+税かかりますが、基本還元率は最高水準で、マイル還元率は1.05%に。下のJALカードはあくまでもJALマイルですがマイル還元率は最高1.0%、「DCカード ジザイル」は0.75%の計算になりますので、マイル還元率はこちら「漢方スタイルクラブカード」の方がお得です。

【JALカード】
・年会費2,160円(税込)
・マイル:通常ショッピング時200円で1マイル、特約店利用は200円につき2マイル付与(マイル還元率0.5~1.0%)
・ボーナスマイル:
入会搭乗ボーナス1000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1000マイル
搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの+10%
・基本還元率0.5%
・家族カード(1,080円)とマイルを合算できるのが強み
・海外・国内旅行保険:最高1000万円が自動付帯

DCカード ジザイル】はリボ払い専用カードで、毎月の支払額を5000円、1万円、2万円、3万円、4万円、5万円の中から選択することになります。毎月の支払額を5万円に設定し5万円を超える買物をしなければリボ払いにかかる金利や手数料が徴収されることはなく、実質1回払いと同じ支払になり、且つポイントも通常通り1000円で3ポイント付与されます。

また、利用額が5万円を超えても、WEBサー ビスで一括支払いの手続きができますので(提携ATMを通して支払い手続きも可能)、金利や手数料のかからない1回払いと同じ支払方法でポイント還元率1.5%を維持できます。

これが少し面倒だと感じる方は、マイル還元率No.1の「漢方スタイルクラブカード」あるいは「JALカード」を選択した方が良いかもしれません。

まとめ

・年会費無料、家族カード無料
・ポイント還元率:1.5%(1000円利用で3ポイント付与)
・マイル還元率:0.75%(1000円利用で7.5ポイント)
・海外旅行傷害保険最高1000万円(自動付帯)
・毎月の支払額を5,000円~5万円の中から選択するリボ払い専用カード

年会費無料カードの中でマイル還元率最強のDCカード「ジザイル」。マイルを貯めたいという方におすすめです!

当サイト推薦のおすすめクレジットカード

券面内容
JCB ゴールドJCBゴールドカード:女性に絶大人気!
セブンイレブンやイトーヨーカドー、スターバックス、シェルなどで利用すると2~5倍のボーナスポイントが貰えるのが女性に人気!
公式サイトはこちらJCBゴールドの詳細はこちら
ダイナースクラブカードダイナースクラブカード:ステータス最強!
ステータスで選ぶならダイナースクラブカードがおすすめ。旅行好き、食通、おおくのセレブリティに愛される世界的トップクラスカード。
公式サイトはこちらダイナースクラブカードの詳細はこちら
アメックスゴールドアメックスゴールド:ステータス&海外利用に最強!
海外利用では最強、ステータス性も高くゴールドに輝く券面に多くのファンを持つクレジットカードです。
公式サイトはこちらアメックスゴールドの詳細はこちら

あなたに最適なカードはどれでしょう?

とにかくポイントが貯まるカードが欲しい!という方から支持されているのが「レックスカード」。1.75%業界最大のポイント付与を体感してみませんか?詳細はポイント還元率が高いクレジットカードおすすめNO.1は「REXカード」へどうぞ。

●「一般カード」をお探しなら↓
還元率で選ぶクレジットカードベスト5
マイルを貯めたい方にオススメなクレジットカードベスト3
おすすめなメインとサブカードの組み合わせ
学生さんにオススメなカードベスト3

●「ゴールドカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5

●「プラチナカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
取得しやすい「プラチナカード」ベスト3

関連記事

no image

「リクルートカード」のメリットや特徴、キャンペーンなど

カードのメリット 年会費無料のカードの中で、還元率は最高水準の1.2%。現時点で最高還元率は「レッ

記事を読む

no image

「学生専用ライフカード」のメリットや特徴、キャンペーンなど

カードのメリット 年会費永年無料(在学中に限る)の【学生専用ライフカード】。 最大のメリットは、

記事を読む

no image

「JCBカード 学生用」のメリットや特徴、キャンペーンなど

カードのメリット 学生専用のカード「ANA JCBカード 学生用」。在学中は年会費無料、なのにAN

記事を読む

no image

「JALカード」のメリットや特徴、キャンペーンなど

カードのメリット 2年目以降は年会費2,160円(税込)がかかるものの、一般カードでの中ではJAL

記事を読む

no image

「三井住友VISAアミティエカード」のメリットや特徴、キャンペーンなど

カードのメリット 女性専用カードだけに、女性のためのサービスが付帯されているのが嬉しいカードです。

記事を読む

リクルートカードプラス

「リクルートカードプラス」のメリットや特徴、キャンペーンなど

リクルートカードプラスの公式サイトはこちら リクルートカードプラスのメリット 一般カ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
年会費無料で選ぶオススメクレジットカードベスト5

クレジットカードを利用する上で、どうしても気になるのが年会費と還元率を

no image
「SBIプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

SBIプラチナカードのメリット 年会費は30,000円+税、家族カー

no image
「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットや特徴、取得条件など

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

no image
「楽天ブラックカード」のメリットや特徴、取得条件など

楽天ブラックカードのメリット 何と言っても楽天系列利用時の還元率が高

no image
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」のメリットや特徴、取得条件など

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット

→もっと見る

PAGE TOP ↑