*

「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

公開日: : プラチナカード

カードのメリット

数あるクレジットカードの中で最高レベルのステータスとサービスが付帯する、数少ないプラチナカードです。年会費は130,000円+税、家族カードは4枚まで無料発行となっており、家族ぐるみで最高級のステータスを味わえるプラチナカードとなっています。付帯する魅力的なサービスをいくつか挙げてみると…

・ハイアットホテル等、年1回無料宿泊券プレゼント
・星野リゾート2名以上宿泊で1名無料サービス
・プライオリティ・パス無料(同伴者1名含む)

これを見るだけで興奮を誘うサービスとなっていますね。最高級のプラチナカードに相応しいサービスが満載です。

このような方に最適

最高のステータス、最高級のサービスをお求めの方、積極的にアメリカン・エキスプレス・プラチナカード獲得を検討されて下さい。期待を裏切ることのないプラチナカードです。

入会時のキャンペーン

特になし

ポイント還元率

0.50%~1.00%(100円利用で1ポイント付与)

マイル

マイル移行:1000ポイント=1000マイル(メンバーシップ・リワード・プラスに要登録)

13社(ANA、チャイナエアライン、デルタ、ヴァージンアトランティック、タイ国際、キャセパシフィック、シンガポール、ブリティッシュエアウェイズ、スカンジナビア、アリタリアイタリア、フィンランド、エティハド、エミレーツ)のマイレージプログラムに参加可能。

※ANAマイルに移行する場合、別途登録費(年間5000円+税)が必要になります。

取得方法

インビテーション

インビテーションを受取るために以下のカード利用の実績が必要です。

アメリカン・エキスプレスカード】(通称アメリカン・エキスプレス・グリーンカード)
年会費:12,000円+税
取得条件:20歳以上で定職のある方

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
年会費:29,000円+税
取得条件:20歳以上で定職のある方

グリーンカードはいわゆるアメックスの一般カードにあたるものですが、口コミサイトを見てみると、グリーンカード利用時にアメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーションを受取った方がいます。総合的に判断すると、利用額を含め以下の点を考慮した上でアメックスからインビテーションが届くと思われます。

1.年間利用額(多いほど有利だが、年間利用額100万円に満たなくとも可能性あり)
2.資産状況
3.持ち家の有無
4.勤続年数

これらを目安にしてアメリカン・エキスプレス・プラチナカードを狙ってみて下さい。

取得条件

20歳以上で安定した職業がある方(パート・アルバイト申込不可)

主な特徴や特典

・「メンバーシップ・リワード・プラス」参加登録費無料
・ハーツGoldプラス・リワーズ年会費永年無料
・エアポート送迎サービス(成田、中部、関西)
・手荷物無料宅配サービス(往復OK、荷物は3個まで。空港は成田、中部、関西、羽田)
・無料ポーターサービス
・空港クロークサービス
・スターウッズ(ゴールド)等メンバーズに無料登録
・デルタ・アメリカン航空専用空港ラウンジサービス
・プライオリティ・パス無料(同伴者1名含む)
・キャセイ・パシフィック航空ザ・マルコポーロクラブ無料登録
・ハイアットホテル等、年1回無料宿泊券プレゼント
・星野リゾート2名以上宿泊で1名無料サービス
・JR東海「プラスEX(イーエックス)」サービス

付帯保険

・海外旅行:最高1億円(利用付帯の場合。自動付帯は最高5000万円)
・国内旅行:最高1億円(入院日額=5,000円、通院日額=3,000円、手術費用=最高20万円)
・ショッピング保険:年間500万円まで(免責1万円)
・その他:
・オンライン・プロテクション:インターネット上での不正使用による損害補償
・リターン・プロテクション:商品返品を、購入日から90日以内に限りアメリカン・エキスプレスが年間15万円まで補償
・キャンセル・プロテクション:急な出張、病気やケガによる入院などで予約していた旅行をキャンセルした場合、キャンセル費用の損害を年間15万円まで補償
・ホームウェア・プロテクション:現電化製品等が万一破損した場合、使用期間に応じて購入金額の50%~100%を保証(プラチナカード利用での購入の有無は関係ない)

注意点

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードが最高級のプラチナカードであるのは間違いないが、まずはもう少しだけお手頃なプラチナカードから…という方には、以下2つの年会費安めのプラチナカードが利用しやすいかもしれません。

JCB THE CLASS
年会費:50,000円+税
基本還元率:0.5%~(1000円利用につき1ポイント付与=0.5%)
取得方法:「JCBゴールドを3年連続で100万円以上の利用」が目安

三井住友VISAプラチナカード
年会費:VISAかマスターカードのいずれかを一枚 50,000円+税
     :VISAとマスターカード一枚ずつの計二枚 55,000円+税
基本還元率:0.3~0.5%(国内・国外問わず1000円利用で1ポイント付与)
取得方法:新規申込み/インビテーション

合わせて比較して頂きたいカード

ダイナースクラブ・プレミアムカード
・年会費130,000円+税
・ポイント還元率:0.4%~(100円利用で1ポイント)
・取得方法:インビテーション(インビテーションを受けるためにダイナースクラブカードの利用実績が必要)

ご覧の通り、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードと年会費同額のダイナースクラブ・プレミアムカード。どちらも最高級のプラチナカードであり、可能ならどちらも保有したいと思える人気のプラチナカードです。選別する際には相当悩むことになると思うのですが、選別基準はサービス内容になるかと思います。

例えば、ダイナースクラブ・プレミアムカードには「バースデーギフトプレゼント」というサービスがありますが、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードにはありません。

逆に、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードには、「ハイアットホテル等、年1回無料宿泊券プレゼント」、「星野リゾート2名以上宿泊で1名無料サービス」という、ダイナースクラブ・プレミアムカードにはないサービスがあります。

また、ダイナースクラブ・プレミアムカードとアメリカン・エキスプレス・プラチナカードのサービスの微妙な違いとして…

ダイナースクラブ・プレミアムカード
・手荷物宅配サービス(帰国時のみ)

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
・手荷物宅配サービス(往復OK、荷物は3個まで)

というように、ちょっとした違いがあるのも事実。こうした違いをふまえ、自分のニーズを満たすカードをしっかり選別することができるでしょう。

まとめ

・年会費130,000円+税、家族カードは4枚まで無料発行
・ポイント還元率:0.50%~1.00%(100円利用で1ポイント付与)
・13社のマイレージプログラムに参加可能
・取得方法はインビテーション
・インビテーションを受取るために【アメリカン・エキスプレスカード】あるいは【アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード】の利用実績が必要
・取得条件:20歳以上で安定した職業がある方(パート・アルバイト申込不可)
・ハーツGoldプラス・リワーズ年会費永年無料
・エアポート送迎サービス(成田、中部、関西)
・手荷物無料宅配サービス(往復OK、荷物は3個まで。空港は成田、中部、関西、羽田)
・プライオリティ・パス無料(同伴者1名含む)
・ハイアットホテル等、年1回無料宿泊券プレゼント
・星野リゾート2名以上宿泊で1名無料サービス
・海外旅行:最高1億円(利用付帯の場合。自動付帯は最高5000万円)
・国内旅行:最高1億円(入院日額=5,000円、通院日額=3,000円、手術費用=最高20万円)
・その他保険が充実

個人的には、プラチナカードの中でサービス内容がNo.1だと思うベストカード。
プラチナカードを欲している方、先ずはアメリカン・エキスプレス・プラチナカードの検討をオススメします!

当サイト推薦のおすすめクレジットカード

券面内容
JCB ゴールドJCBゴールドカード:女性に絶大人気!
セブンイレブンやイトーヨーカドー、スターバックス、シェルなどで利用すると2~5倍のボーナスポイントが貰えるのが女性に人気!
公式サイトはこちらJCBゴールドの詳細はこちら
ダイナースクラブカードダイナースクラブカード:ステータス最強!
ステータスで選ぶならダイナースクラブカードがおすすめ。旅行好き、食通、おおくのセレブリティに愛される世界的トップクラスカード。
公式サイトはこちらダイナースクラブカードの詳細はこちら
アメックスゴールドアメックスゴールド:ステータス&海外利用に最強!
海外利用では最強、ステータス性も高くゴールドに輝く券面に多くのファンを持つクレジットカードです。
公式サイトはこちらアメックスゴールドの詳細はこちら

あなたに最適なカードはどれでしょう?

とにかくポイントが貯まるカードが欲しい!という方から支持されているのが「レックスカード」。1.75%業界最大のポイント付与を体感してみませんか?詳細はポイント還元率が高いクレジットカードおすすめNO.1は「REXカード」へどうぞ。

●「一般カード」をお探しなら↓
還元率で選ぶクレジットカードベスト5
マイルを貯めたい方にオススメなクレジットカードベスト3
おすすめなメインとサブカードの組み合わせ
学生さんにオススメなカードベスト3

●「ゴールドカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5

●「プラチナカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
取得しやすい「プラチナカード」ベスト3

関連記事

no image

「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットや特徴、取得条件など

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット プラチナカードの中では年会費

記事を読む

no image

「楽天ブラックカード」のメリットや特徴、取得条件など

楽天ブラックカードのメリット 何と言っても楽天系列利用時の還元率が高いことが最大のメリットです。頻

記事を読む

no image

「JCB THE CLASS」のメリットや特徴、取得条件など

JCB THE CLASSのメリット JCBが発行する最高級のクレジットカード【JCB THE C

記事を読む

no image

「三井住友プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

三井住友プラチナカードのメリット プラチナカードの中で数少ない新規で申込可能な三井住友プラチナカー

記事を読む

no image

「エポスプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

エポスプラチナカードのメリット プラチナカードの中で年会費20,000円+税は最安水準。 しかも

記事を読む

no image

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」のメリットや特徴、取得条件など

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット 年会費20,000円+税(年間

記事を読む

no image

「ダイナースクラブ・プレミアムカード」のメリットや特徴、取得条件など

ダイナースクラブ・プレミアムカードのメリット 誰もが認めるステータス最高級、サービス名実ともにプラ

記事を読む

no image

「SBIプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

SBIプラチナカードのメリット 年会費は30,000円+税、家族カード無料(2枚目以降は1枚につき

記事を読む

no image

「シティ(CITI) プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

シティ(CITI) プラチナカードのメリット 年会費:35,000円+税(家族カード:8枚まで無料

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
年会費無料で選ぶオススメクレジットカードベスト5

クレジットカードを利用する上で、どうしても気になるのが年会費と還元率を

no image
「SBIプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

SBIプラチナカードのメリット 年会費は30,000円+税、家族カー

no image
「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットや特徴、取得条件など

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

no image
「楽天ブラックカード」のメリットや特徴、取得条件など

楽天ブラックカードのメリット 何と言っても楽天系列利用時の還元率が高

no image
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」のメリットや特徴、取得条件など

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット

→もっと見る

PAGE TOP ↑