*

「ダイナースクラブ・プレミアムカード」のメリットや特徴、取得条件など

公開日: : プラチナカード

ダイナースクラブ・プレミアムカードのメリット

誰もが認めるステータス最高級、サービス名実ともにプラチナ級のクレジットカードです。年会費は130,000円+税ですから、お世辞にも安いとは言えない金額ですが、それでも多くの人がダイナースクラブ・プレミアムカードを求めるのには、理由があるはずです。その理由の一つが、一言では言い表せないほどの最高のステータスなのです。

実際、ポイント還元率は0.4%~。一般のカードでも0.5%を下ることはほとんどないのですが、それでも憧れの的となるダイナースクラブ・プレミアムカードには最高レベルのステータスがある証しです。当然、ステータスに付随する最高レベルのサービスも見逃せません。ほんの一部を見てみると…

・レストラン特別招待&紹介サービス
・スポーツクラブ優待利用サービス
・プライオリティパス無料付帯(家族含む)

というように、最高級のステータスとサービスが最大の魅力のダイナースクラブ・プレミアムカードです。

このような方に最適

クレジットカードの中でこれ以上ないステータスをお求めの方に、第一候補としてダイナースクラブ・プレミアムカードをおすすめします。ステータスとともにそれ相応の最高級のサービスを味わうことができるでしょう。

入会時のキャンペーン

特になし

ポイント還元率

非公開(当サイト調べによると0.4%~)
ポイント付与率:100円利用で1ポイント
ポイント:ダイナースクラブ リワードポイント

マイル

非公開
(ダイナースクラブカードでは1000ポイント=1000マイルに交換可能)

取得方法

インビテーションのみ

ダイナースクラブ・プレミアムカードのインビテーションを受ける方法

まずは「ダイナースクラブカード」を取得する必要があります。
インビテーションが届くまでの期間はそれぞれですが、ネットサイトの口コミを見ると、「年間100万円利用を1年」でインビテーションを受けた方がいます。また、「年間70万円前後の利用で3年ほど」という口コミもあります。

ですから、年間300万円、500万円の利用額が必須と言われていますが、必ずしもそうではないようです。年収や年間利用額も鑑みられるわけですが、ダイナースクラブカードをコンスタントに利用し続けることも重要なようですので、その点に留意されて下さい。インビテーションを受けるためのカード「ダイナースクラブカード」の概要は以下の通りです。

ダイナースクラブカード
年会費:22,000円+税
還元率:0.384%~(海外・国内問わず100円利用で1ポイント付与)
取得方法:新規申込で取得可能
取得条件:27歳以上、その他審査あり
付帯保険:
・海外:死亡・後遺障害最高1億円(カード利用で旅費支払時。その他の場合最高5000万円)
・国内:死亡・後遺障害最高1億円(カード利用で旅費支払時。その他の場合最高5000万円)

取得条件

年齢制限など非公開

ただし、インビテーションを受けるためのダイナースクラブカード取得条件は27歳以上ですので、その年齢を一つの目安にできると思います。

主な特徴や特典

・ダイナースクラブ プレミアム専用デスク(コンシェルジュデスクサービス)
・トータルトラベルサービス(飛行機手配、ホテル優待など)
・ゴルフ関連のアドバンテージサービス
・保険サービス(外貨盗難保険、航空便遅延費用保険等)
・レストラン特別招待サービス
・スポーツクラブ優待
・プライオリティパス無料付帯(家族含む)
・リージャス・ビジネス・ワールド・ゴールドメンバーシップ初年度年会費無料(2年目以降利用に応じて次年度年会費無料)
・ダイナースグローバルマイレージ参加料無料
・空港ラウンジサービス
・バースデーギフトプレゼント
・空港パーキングサービス
・手荷物宅配サービス(帰国時のみ)

付帯保険

・海外旅行:最高1億円
・国内旅行:最高1億円
・ショッピング保険:年間500万円まで(購入日から90日以内)

注意点

ご存知の通り、ダイナースクラブ・プレミアムカードの年会費は130,000円+税。大胆に狙ってみたいカードなのは間違いありませんが、ちょっとそこまでの年会費は払えないという方は、コストとステータスのバランスがとれたプラチナカードを狙ってみるのはいかがでしょうか?

JCB THE CLASS
年会費:50,000円+税
基本還元率:0.5%~(1000円利用につき1ポイント付与=0.5%)
取得方法:「JCBゴールドを3年連続で100万円以上の利用」が目安

三井住友VISAプラチナカード
年会費:VISAかマスターカードのいずれかを一枚 50,000円+税
     :VISAとマスターカード一枚ずつの計二枚 55,000円+税
基本還元率:0.3~0.5%(国内・国外問わず1000円利用で1ポイント付与)
取得方法:新規申込み/インビテーション

合わせて比較して頂きたいカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード
年会費:130,000円+税
家族カード:4名まで無料
還元率:0.50%~1.00%(100円利用で1ポイント付与)

ステータス・サービスレベルはどちらも最高級で、甲乙つけられないというのが本音です。年会費も同額ですから、どちらを選別するかはお好み次第かもしれません。ただ、サービス内容の詳細を比較していくと、ちょっとした違いがあるのも事実。

例えば、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードには、

・ハイアットホテル等、年1回無料宿泊券プレゼント
・星野リゾート2名以上宿泊で1名無料サービス

というような、ダイナースクラブ・プレミアムカードにはないサービスがあります。逆にダイナースクラブ・プレミアムカードにしかないサービスというものもありますので、本人の好みとニーズ次第といったところでしょう。ダイナースクラブ・プレミアムカードを検討している方は、先ずアメリカン・エキスプレス・プラチナカードのサービスと比較検討することをおすすめいたします。

まとめ:圧倒的なステータス、最高峰のカードをお求めなら

・年会費130,000円+税
・ポイント還元率:0.4%~(100円利用で1ポイント)
・取得方法:インビテーション(インビテーションを受けるためにダイナースクラブカードの利用実績が必要)
・ダイナースクラブ プレミアム専用デスク(コンシェルジュデスクサービス)
・トータルトラベルサービス(飛行機手配、ホテル優待など)
・ゴルフ関連のアドバンテージサービス
・レストラン特別招待サービス
・スポーツクラブ優待
・プライオリティパス無料付帯(家族含む)
・空港ラウンジサービス
・バースデーギフトプレゼント
・空港パーキングサービス
・付帯保険:海外最高1億円、国内最高1億円

最高級のステータスとサービスをお求めの方、どうぞダイナースクラブ・プレミアムカードのご検討を。

当サイト推薦のおすすめクレジットカード

券面内容
JCB ゴールドJCBゴールドカード:女性に絶大人気!
セブンイレブンやイトーヨーカドー、スターバックス、シェルなどで利用すると2~5倍のボーナスポイントが貰えるのが女性に人気!
公式サイトはこちらJCBゴールドの詳細はこちら
ダイナースクラブカードダイナースクラブカード:ステータス最強!
ステータスで選ぶならダイナースクラブカードがおすすめ。旅行好き、食通、おおくのセレブリティに愛される世界的トップクラスカード。
公式サイトはこちらダイナースクラブカードの詳細はこちら
アメックスゴールドアメックスゴールド:ステータス&海外利用に最強!
海外利用では最強、ステータス性も高くゴールドに輝く券面に多くのファンを持つクレジットカードです。
公式サイトはこちらアメックスゴールドの詳細はこちら

あなたに最適なカードはどれでしょう?

とにかくポイントが貯まるカードが欲しい!という方から支持されているのが「レックスカード」。1.75%業界最大のポイント付与を体感してみませんか?詳細はポイント還元率が高いクレジットカードおすすめNO.1は「REXカード」へどうぞ。

●「一般カード」をお探しなら↓
還元率で選ぶクレジットカードベスト5
マイルを貯めたい方にオススメなクレジットカードベスト3
おすすめなメインとサブカードの組み合わせ
学生さんにオススメなカードベスト3

●「ゴールドカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5

●「プラチナカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
取得しやすい「プラチナカード」ベスト3

関連記事

no image

「エポスプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

エポスプラチナカードのメリット プラチナカードの中で年会費20,000円+税は最安水準。 しかも

記事を読む

no image

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」のメリットや特徴、取得条件など

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット 年会費20,000円+税(年間

記事を読む

no image

「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットや特徴、取得条件など

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット プラチナカードの中では年会費

記事を読む

no image

「シティ(CITI) プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

シティ(CITI) プラチナカードのメリット 年会費:35,000円+税(家族カード:8枚まで無料

記事を読む

no image

「三井住友プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

三井住友プラチナカードのメリット プラチナカードの中で数少ない新規で申込可能な三井住友プラチナカー

記事を読む

no image

「JCB THE CLASS」のメリットや特徴、取得条件など

JCB THE CLASSのメリット JCBが発行する最高級のクレジットカード【JCB THE C

記事を読む

no image

「SBIプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

SBIプラチナカードのメリット 年会費は30,000円+税、家族カード無料(2枚目以降は1枚につき

記事を読む

no image

「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

カードのメリット 数あるクレジットカードの中で最高レベルのステータスとサービスが付帯する、数少ない

記事を読む

no image

「楽天ブラックカード」のメリットや特徴、取得条件など

楽天ブラックカードのメリット 何と言っても楽天系列利用時の還元率が高いことが最大のメリットです。頻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
年会費無料で選ぶオススメクレジットカードベスト5

クレジットカードを利用する上で、どうしても気になるのが年会費と還元率を

no image
「SBIプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

SBIプラチナカードのメリット 年会費は30,000円+税、家族カー

no image
「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットや特徴、取得条件など

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

no image
「楽天ブラックカード」のメリットや特徴、取得条件など

楽天ブラックカードのメリット 何と言っても楽天系列利用時の還元率が高

no image
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」のメリットや特徴、取得条件など

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット

→もっと見る

PAGE TOP ↑