*

「楽天ブラックカード」のメリットや特徴、取得条件など

公開日: : プラチナカード

楽天ブラックカードのメリット

何と言っても楽天系列利用時の還元率が高いことが最大のメリットです。頻繁に楽天系列でショッピングする方には欠かせない一枚になるかと思います。

基本還元率:1%
楽天市場での利用:2%

《毎月特定日プレミアムカードデー》ポイント1%加算(毎週火曜日と木曜日):還元率3%
誕生月はポイント2倍(上限1万ポイント):還元率最大4%

プラチナカードの大きな特色は、実用性よりもステータス感とサービスの充実度ですが、楽天ブラックカードに限っては実用性の面で秀でた一枚です。

楽天ブラックカード
年会費:30,000円+税
家族カード:無料(発行は2枚まで)

このような方に最適

毎週のように楽天系列で買物をする方、最低でも月1,2回は楽天市場でショッピングする方にはメリットの大きいおすすめのカードです。

入会時のキャンペーン

特になし

ポイント還元率

基本還元率:1%
楽天市場での利用:2%
※《毎月特定日プレミアムカードデー》ポイント1%加算(毎週火曜日と木曜日):還元率3%
※誕生月はポイント2倍(上限1万ポイント):還元率最大4%

マイル

【ANAマイレージ】
交換レート:2ポイント=1マイル

※キャンペーンなどで獲得できるポイントはたいてい期限付きポイントですが、期限付きポイントはマイル交換不可となりますので要注意です。

取得方法

インビテーション

インビテーションを受けるためには、楽天プレミアムカードの利用実績が必要になります。
【楽天プレミアムカード】年会費:10,800円
取得条件:20歳以上で安定した収入のある方

インビテーションを受取るための条件ですが、場合によっては一般カードにあたる【楽天カード】を利用する方でもインビテーションを受取ったという口コミを見かけますので、必ず楽天プレミアムカードを取得すべきだとは言えないようです。

重要なのは、カードの利用実績。口コミを総合的に鑑みると、年間利用額100万ではなかなかインビテーションが届かず、他のプラチナカードよりもハードルが若干高めに設定されているかもしれません。あくまでも目安となりますが…

◆楽天市場での利用額が多い方が有利
◆年間利用額200万円以上

これを目安にしてインビテーションを待つことにしましょう。

取得条件

条件は非公開となっていますが、楽天プレミアムカード入会条件が一つの目安となります。
入会目安:原則20歳以上で安定した収入のある方

主な特徴や特典

・プライオリティ・パス無料サービス(同伴者2名まで無料)
・国内空港ラウンジサービス(ホノルル・仁川空港含む)
・ブラックカード会員専用国内宿泊予約センター(特別優遇サービスあり)
・トラベルデスク(各種予約や手配代行)
・手荷物宅配サービス
・Hertzレンタカー優待価格サービス

付帯保険

・海外:最高1億円(家族保険最高1000万円)
・国内:最高5000万円(家族保険最高1000万円)
・ショッピング保険:最高300万円(購入から90日以内)
・その他:ネット不正あんしん制度/商品未着あんしん制度

注意点

楽天ブラックカードのデメリットをあえて挙げるとすると、コンシェルジュ・サービスなし、そしてマスターカード・ワールドワイド提供サービス利用ができない点です。さらなるサービスをお望みの場合は、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカードの方がニーズを満たしてくれるかもしれません。


MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード


年会費:20,000円+税
家族カード:1枚無料、2枚目からは1人につき3000円+税
取得方法:新規申込み
主なサービス:
・プラチナ・コンシェルジェサービス
・スーペリア・エキスペリエンス
・プライオリティ・パス
・プラチナ・グルメセレクション
・24時間健康介護相談サービス

合わせて比較して頂きたいカード

シティ プラチナカード
年会費:35,000円+税
家族カード:8枚まで無料発行

年会費を比較すると、ほぼ同額の【シティ プラチナカード】。両方のカードにプライオリティ・パス無料サービスが付帯されるものの、サービス内容に少し違いがありますので、ライフスタイルに応じて選別していただければと思います。シティプラチナカードの主なサービスは以下の通り。

・プライオリティ・パス(本会員のみ)
・空港送迎タクシー
・空港特急列車サービス
・空港前泊ホテルサービス
・手荷物宅配サービス・コートお預かりサービス
・シティプラチナカード会員専用デスク
・VISAプラチナ・カスタマーセンター
・ハーツレンタカー特別優待

楽天市場でのネットショッピングが多い方は楽天ブラックカード。その他の利用シーンが多い方はシティ プラチナカード、というのが一つの目安になります。

まとめ

・年会費30,000円+税
・楽天を頻繁に利用する方にはお得な還元率
・プライオリティ・パス無料サービス(同伴者2名まで無料)
・国内空港ラウンジサービス(ホノルル・仁川空港含む)
・トラベルデスク、手荷物宅配サービスなど、トラベル関連サービスが充実
・付帯保険:・海外最高1億円(家族保険最高1000万円)、国内最高5000万円(家族保険最高1000万円)

年会費30,000円はほんの気持ち高めの設定ではありますが、楽天派は持っていて損はない1枚です。

当サイト推薦のおすすめクレジットカード

券面内容
JCB ゴールドJCBゴールドカード:女性に絶大人気!
セブンイレブンやイトーヨーカドー、スターバックス、シェルなどで利用すると2~5倍のボーナスポイントが貰えるのが女性に人気!
公式サイトはこちらJCBゴールドの詳細はこちら
ダイナースクラブカードダイナースクラブカード:ステータス最強!
ステータスで選ぶならダイナースクラブカードがおすすめ。旅行好き、食通、おおくのセレブリティに愛される世界的トップクラスカード。
公式サイトはこちらダイナースクラブカードの詳細はこちら
アメックスゴールドアメックスゴールド:ステータス&海外利用に最強!
海外利用では最強、ステータス性も高くゴールドに輝く券面に多くのファンを持つクレジットカードです。
公式サイトはこちらアメックスゴールドの詳細はこちら

あなたに最適なカードはどれでしょう?

とにかくポイントが貯まるカードが欲しい!という方から支持されているのが「レックスカード」。1.75%業界最大のポイント付与を体感してみませんか?詳細はポイント還元率が高いクレジットカードおすすめNO.1は「REXカード」へどうぞ。

●「一般カード」をお探しなら↓
還元率で選ぶクレジットカードベスト5
マイルを貯めたい方にオススメなクレジットカードベスト3
おすすめなメインとサブカードの組み合わせ
学生さんにオススメなカードベスト3

●「ゴールドカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「ゴールドカード」ベスト5

●「プラチナカード」をお探しなら↓
ステータスで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
コスパで選ぶおすすめ「プラチナカード」ベスト5
取得しやすい「プラチナカード」ベスト3

関連記事

no image

「SBIプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

SBIプラチナカードのメリット 年会費は30,000円+税、家族カード無料(2枚目以降は1枚につき

記事を読む

no image

「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットや特徴、取得条件など

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット プラチナカードの中では年会費

記事を読む

no image

「ダイナースクラブ・プレミアムカード」のメリットや特徴、取得条件など

ダイナースクラブ・プレミアムカードのメリット 誰もが認めるステータス最高級、サービス名実ともにプラ

記事を読む

no image

「三井住友プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

三井住友プラチナカードのメリット プラチナカードの中で数少ない新規で申込可能な三井住友プラチナカー

記事を読む

no image

「アメリカン・エキスプレス・プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

カードのメリット 数あるクレジットカードの中で最高レベルのステータスとサービスが付帯する、数少ない

記事を読む

no image

「JCB THE CLASS」のメリットや特徴、取得条件など

JCB THE CLASSのメリット JCBが発行する最高級のクレジットカード【JCB THE C

記事を読む

no image

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」のメリットや特徴、取得条件など

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット 年会費20,000円+税(年間

記事を読む

no image

「エポスプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

エポスプラチナカードのメリット プラチナカードの中で年会費20,000円+税は最安水準。 しかも

記事を読む

no image

「シティ(CITI) プラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

シティ(CITI) プラチナカードのメリット 年会費:35,000円+税(家族カード:8枚まで無料

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
年会費無料で選ぶオススメクレジットカードベスト5

クレジットカードを利用する上で、どうしても気になるのが年会費と還元率を

no image
「SBIプラチナカード」のメリットや特徴、取得条件など

SBIプラチナカードのメリット 年会費は30,000円+税、家族カー

no image
「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のメリットや特徴、取得条件など

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

no image
「楽天ブラックカード」のメリットや特徴、取得条件など

楽天ブラックカードのメリット 何と言っても楽天系列利用時の還元率が高

no image
「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード」のメリットや特徴、取得条件など

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードのメリット

→もっと見る

PAGE TOP ↑